へっぽこ水泳コーチの日常

スイミングスタッフ・一児の父の描く日常を中心に自分の興味のあることも記事にしています。水泳業界の仕事に興味のある方や子供を習わせたい、はたまた自分が習ってみたいという方まで参考になる情報を提供できればと思っています。

実は水泳を始めるのは今もアリなんじゃないかと思い始めてきた話

今はコロナの影響で活発に活動できませんよね。

 

私はスイミングのコーチをしておりますが、来る人は非常に少なくなりました。

 

辞めていく人も非常に多いです。

 

本来であれば新学期も始まって新しい人がドッと増えるところですが、やはり少なめ。

 

しかし、現場の現状と対策を見ているうちに、実は今始めるのっていいタイミングなのではないか?とも思うようになってきました。

 

理由をまとめていきたいと思います。

 

今が始め時だと感じる理由

 生徒の数が少ない

正直予想以上に少ないと思います。

 

その分見てもらえる回数は多く、すぐ馴染んでいけるのではないかと思います。

 

 スタッフの数が多い

私の勤務先の場合コロナ対策でスタッフを動員し、普段より4人多い体制で運営しています。

 

それだけ目が行き届くという事。

 

安心感も増します。

 

生徒は少なくコーチは多い。

 

最初で不安な人にはいいと思います。

 

 いい意味で緊張感がある

自粛明けのスタッフ

 

コロナ対策で普段と違う流れ

 

いつもやっているお決まりの流れ(悪い意味でなあなあな流れ)がありません。

 

スタッフは普段より多くの緊張感の中で仕事をしています。

(現場がピリピリしているというわけではありません。そこはやはりプロですね)

 

あの人やる気ないなぁ~っていう場面は少ないと思います。

 

 希望の曜日・時間が空いているかも

私の職場は100人以上の入会待ちがいます。

 

人気の時間は1年待っても入れない場合だってあります。(場所によりますが…)

 

今は争いが少ないからチャンスかも…

 

 感染リスクの面からも安心だと言われている

水泳・プールは施設的に感染リスクは低いと言われています。

 

もちろん絶対はありませんが、学校や公園で遊んでいたりするのを見ると、プールの方が安心かな?と思ったりもします。

 

 練習ペースがゆったりしている

久しぶりの再開・コロナ対策をしたうえでの練習になるので、練習のペースはゆっくりめになります。

今まで練習についていくのに必死で感じる事の出来なかった『感覚』なんかもゆっくりの練習をすることで新たな発見があるかもしれませんね。

 

 

あくまで判断するのは自分自身である

今の感染者数や感染経路を見ていると、感染する確率は低いのかな?とも思ったりしています。

 

ただ、無自覚な症状も多く、薬・ワクチンがない状況ではやはり慎重になるのも当然です。

 

だからといって好き勝手行動していてもだめだし、全く何もしないのも無理です。

 

これは大丈夫かそうではないか・必要か必要ではないか、見極めが必要ですね。

 

ただ、うちのスイミングは過去最高の手厚いサポートでレッスンをしています。

 

参加者は少ないですが…