へっぽこ水泳コーチの日常

スイミングスタッフ・一児の父の描く日常を中心に好きな事を書いています😁

全国JO・全中・インターハイの代替大会が実施!各エリアでの通信大会を予定

全国JO
全国中学
インターハイ

これらの大会はコロナウィルスの影響により中止となっているのは周知の事実となっています。

進学にも関わる競技大会なので、肩を落としている人も多いと思います。(特に最終学年)

この度その代替として大会を行うようになりました。

まだ未定の部分が多いですが、少しまとめてみます。

各都道府県で大会を実施し、後日ランキング化する通信大会となる

密を避けるため各都道府県での実施。

前回の春JOと今回の夏JO
全中
インターハイ

それぞれの参加予定の種目でレースを行い、各年齢区分・学年での順位を決定する。

各地で開催される大会の標準記録は各都道府県で決定

密の状態を作り出さないように、参加者は絞らなければなりません。

しかし、人口の少ない地域では標準記録突破者だけでは大会が成立しないくらい少ない所も出てくるので、そこは各都道府県での設定となります。

逆に人数が多い大都市などはかなり標準は高くなるのではないかと思います。

全体的にかなり制限の多い中での実施が予想される。

もしかしたら種目が減らされたり、出場できない年齢区分が出てくる可能性もあるかもしれません。

保護者の観覧もかなり厳しいのではないでしょうか?

招集所・観覧席・ウォーミングアップなどもいつも通りには使えなくなるでしょう。

それでも実施するのは選手の為

何かしらの形でもやりたいという気持ちがこの大会からも感じられます。

選手・会場・関係者もベストな状態で実施するのはかなり大変です。

ですが収束を待っていてはいつになるか分からないし、選手たちもどこを目標にしたらいいか分からなくなってしまいます。

とにかく今できる最大の準備をして実施していくという事が非常に大事だと思います。

この準備にかかわる人たちはとても大変な思いをして準備を進めていると思います。

こんなの無理だって弱音を吐いていることもあるでしょう。

それでも前に進めようとしている水泳業界に私もできる限りの協力をしていきたいです。