へっぽこ水泳コーチの日常

スイミングスタッフ・一児の父の描く日常を中心に自分の興味のあることも記事にしています。水泳業界の仕事に興味のある方や子供を習わせたい、はたまた自分が習ってみたいという方まで参考になる情報を提供できればと思っています。

確実にスイミングの参加者が減った

緊急事態宣言明け6月いっぱいは参加者は圧倒的に少なかったスイミングですが、7月になり、いつもの流れに完全に戻ったと思っていました。

コロナの不安で休むという人は1割以下で、観覧の保護者がいない以外はいつも通りになっていました。

ですがここ最近のコロナ感染者増の影響なのか、また参加者が減っています。

確実に先週よりも少ない。

プールは比較的安全だと連れてくる人もいれば、やはり今は行くべきではないと判断した保護者もいて、各家庭の判断の差が人数に現れています。

少ないからといって現場が楽になるわけではなく、やるからにはみんなに来てほしいので、ちょっと寂しいです。

最近ではスタッフやスクール生でコロナウイルスの陽性と診断された人が出たスイミングスクールも何件か出てきています。

基本は1日臨時休館とし、その1日で除菌・清掃をしてその翌日から営業再開している状況で、非常に参考になります。

扱う人数が多いので感染場所がスイミングの施設でなくても、通っているということで対応することになるので、正直時間の問題かなとも思ってしまいます。

今は面倒臭がらずに手洗いなどのルールの徹底を呼びかけるのが大事ですね。

まだまだ長期戦。
やれることをやれるだけ