へっぽこ水泳コーチの日常

スイミングスタッフ・一児の父の描く日常を中心に好きな事を書いています😁

【ジュニア競泳】再開された東京都の試合の感想と展望

お久しぶりです😅

 

水泳コーチの8月は地獄のように忙しく、家に帰ってはバタンキューそして早朝練習という日々を過ごしていました。

 

23日までが夏休みという学校が多く、今後はほぼ通常営業に近いスタイルに戻っていくので、落ち着いていくでしょう😁

 

しかし、ほぼ毎日やっていたブログが1週間近く更新が止まっていると、なんだかムズムズしてしまい、早くやらなきゃという心境になっています。

 

これも習慣化されたという事で、ポジティブに捉えます😙

 

さて、話は変わって表題にもある通り、8月22日の小学生対象の大会から東京都でも競泳の大会が再開されました。

 

新型コロナウイルスの感染対策をしての実施となる為、今までやってきていた大会とは大きく変わる点がたくさんありました。

 

今後はこれをベースに大会が行われていきます。

 

以下まとめていきます。参考になれば幸いです。

 

 

感染対策は徹底

f:id:larkkun:20200816164335j:plain

地方の大会なんかでは再開されている地域も多いですが、結局普段と変わらないよと聞くこともあります…😅

 

今回の大会においては、徹底して運営されていたと思います。

 

大きく変わった点は以下の通りです。

 

人数の管理

密を避けるための対策ですが、保護者の入場は不可になりました。

保護者にとっては我が子の頑張る姿が見れないのはつらいですが、しょうがないですね。

youtubeで配信はされていたので、リアルタイムで見ることはできました。

 

そして、今回は小学生のみとなり、管理できる人数になっていたと思います。

 

検温・消毒・マスクの着用

バックプレートやバックストロークレッジを使う際もその都度消毒。

マスクはレースをする直前までつけています。

外すのを忘れてスタート台に登ろうとして気付いた選手もいました。

この辺も慣れていくしかありません。

 

入場・退場の管理

種目により、入場時間退場時間が決まっています。

その種目のレース開始2時間前からレース終了後1時間後までといった感じでした。

しかも1日1種目タイムレース決勝のみなので無駄な滞在はなく、うまく入れ替わることができていたと思います。

その為、アップでも混雑することなく、普段よりしっかりとアップすることができていました。

 

館内での飲食が制限される

原則食事は昼休みのみ、選手の補食くらいは見かけましたが、その他食事をしている人は見かけませんでした。

 

緊張感のある久しぶりのレース。結果は…?

結論!非常に良かったです😁

 

約3ヶ月休止していましたが、よく頑張りました。

 

泳げる喜びが結果として出たのかな?と思うようにしています。

 

選手たちはより盛り上がって練習できているので良かったなと思います。

 

今後の展望

まだ、中学生・高校生・シニア・共通と同じように9月末にかけて大会は行われます。

 

それを踏まえて今後のレースをどう運営していくかが決まっていくと思いますが、確実にコロナ前の規模で実施することは不可能です。人数の制限が必要です。

 

また、今回のように年齢区分別で大会をするのであれば、レースの回数も減ってしまいます。

 

年齢区分混合でやるとすれば、人数を絞るために参加標準記録はグッと上がり、参加できない選手が増える事も予想されます。

 

できるだけ、少ないチャンスをモノにしなければならない。そして、チームとして高いレベルにいないと、レースに出ることすらできない選手がいるなんて状況にはしたくない。

より質の高い練習で選手を導いていかなければならないと危機感もあります。

 

理想は楽しく頑張れる強いチーム。困難もお葬式みたいな雰囲気ではなく、辛くても前向きに頑張れるチームになる為に、コーチも頑張らねば…😄

 

と色々考える1日なのでした