へっぽこ水泳コーチの日常

スイミングスタッフ・一児の父の描く日常を中心に自分の興味のあることも記事にしています。水泳業界の仕事に興味のある方や子供を習わせたい、はたまた自分が習ってみたいという方まで参考になる情報を提供できればと思っています。

水泳関連

【水泳プロリーグ】賞金総額6億6000万円!ISLを知っていますか?

競泳皆さん見ますか? オリンピック・オリンピック選考くらいではないかと… 私も今でこそどっぷり競泳の世界にいますが、現役時代は水泳と関りは無かったので、まるで無知でした。 北島康介は知っている…くらいで、オリンピックですら見たような見てないよう…

水泳選手で飯は食っていけるのか?

オリンピックのあ~だこ~だの問題もありますが、今色々なスポーツに脚光が当たっていますね。 今日の本題は『水泳選手で飯は食っていけるのか?』です。 野球やサッカーなどのメジャーな競技とは違い水泳はよくわからない部分も多いですよね。プロスイマー…

【ジュニア競泳】結果を出すために必要なウォーミングアップと考え方

コロナウイルス第2波も少しだけ落ち着いてきた印象ですね。この調子だ さて今回は競泳の話でレース当日に最大のパフォーマンスをする為の準備・アップの話です。 ここでもったいないことしているな~という選手が多い印象です。 自分の事をよくわかって準備…

池江選手の復帰・萩野選手の復調で盛り上がる水泳業界

ニュースでも話題になっていますが、水泳での絶対的なスター池江璃花子選手が594日ぶりの復帰を果たしました。 見た目はまだまだ細く、こちらからするともう競技復帰して大丈夫なのかな? と思うのが本音ですね… ちゃんとお医者さんと相談してトレーニン…

【ジュニア競泳】再開された東京都の試合の感想と展望

お久しぶりです 水泳コーチの8月は地獄のように忙しく、家に帰ってはバタンキューそして早朝練習という日々を過ごしていました。 23日までが夏休みという学校が多く、今後はほぼ通常営業に近いスタイルに戻っていくので、落ち着いていくでしょう しかし、…

【水泳・競泳】手っ取り早く個人メドレーでタイムを上げる方法(初~中級者向け)

さて胡散臭い題名からスタートしていますが、今回は個人メドレーで手っ取り早くタイムを上げる方法を紹介します。 主に初心者から中級者向けですが、誰にでも当てはまる方法です。 スイミングのテストや競泳レースで伸び悩んでいる人も参考にしてみてくださ…

【スイミング】大分忙しくなってきました…

ちょっと日々のルーティーンが停滞気味です 最近忙しくなってきました。 学校も休みになり、選手強化も本格的になり、同時に短期教室も始まり指導の時間も増です。 通常なら午後出勤もあり、そのタイミングで筋トレやこういうブログの時間に当てているのです…

【スイミング】コロナ感染者数に反比例し増えるプール利用者数

一気に気温が上がり本格的な夏に突入しましたね。 この変化で体調を崩した人も多いのではないでしょうか? 今の日本は感染者数が過去最高に増加し、GoToトラベルなんだか移動自粛なんだか、グチャグチャな状態になっていますよね 思いっきり遊べない。いつも…

【水泳 スイミングスクール攻略】いよいよ本格的!次はバタ足をマスター

前回けのびにチャレンジしました! www.larkogi.com ここから自分の力で泳いでいきます! 良い姿勢を作ってけのびをしましたね。次はバタ足をして進んでいきます。 まずはけのびの姿勢のままバタ足をしてみよう! 壁を蹴ってスタートしたらそのままバタ足を…

【競泳】小学生の全国大会である『とびうお杯』に行っているはずだった…

静岡県は浜松市 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場「ToBiO」にて 8月1日・2日と競泳小学生の全国大会である『とびうお杯』が行われる予定でした。 しかし、コロナにてこの日程では中止(延期で開催される可能性はまだ残されている)となってしまいました。 全…

【水泳】スイミングに通わず短期教室のみでの上達は可能?

水泳夏のシーズンといえばスイミングスクールも毎年のように短期教室を実施しています。 普通のスイミングスクールに通わず短期教室のみで上達するのは可能なのか? スイミングスクールコーチの立場からメリット・デメリットをまとめてみました。 結論:上達…

本当に水泳はダイエットに向いているのか?水泳コーチが見る痩せる人の特徴

ダイエットするときに候補に挙がってくる水泳 身体に負担も少なく、なおかつ全身運動で効率よくエネルギーを消費できる。 暑い夏場なんかは涼しく運動できて痩せられるなら一石二鳥ですよね。 とは言いつつも、よーく見てみると中々痩せてるとも言いづらい人…

【note】新しいチャレンジを始めてみた

皆さんこんにちは ブログ・Twitterとコロナをきっかけに新たにチャレンジしてきておりますが、 また新たに『note』にチャレンジしてみました。 まだブログもTwitterも使いこなせていないのにまた新たなものです(笑) とりあえずチャレンジ精神でいっています…

【スイミングスクール攻略】超重要!『けのび』をマスターしよう!

www.larkogi.com 第3弾です。 けのびです。専門用語でいうと『ストリームライン』 ここは選手などトップ選手でも度々話題に出てくるくらい重要な項目です。 しっかり姿勢が作れるようになると今後の各泳法の時や、ガンガン泳ぐようになった時にも有利になっ…

『考える』練習をしよう!

色々と皆さんチャレンジしていることがあると思いますが、目標(ゴール)を設定していますか? 私はスイミングスクールで選手育成を担当していますが、長年やってきていますが、新人の頃は上司にちゃんと計画を立てなさい。計画!計画!とずっと言われてきまし…

オリンピック1年前!4連休!スイミングスクールは元気です

今日から4連休! スイミングは短期教室がこぞって行われているでしょう。 コロナでの売り上げ減少に歯止めをかけるために必死です 私ももちろん4連勤 ここから夏のシーズン本番といったところでしょうか。 しかし体調不良には気をつけたいものです。無理は…

【競泳】リスタート!

全国各地競泳のレースが始まってきていますね。 東京でも実施の発表はされていて、詳細はまだという状態でしたが、だんだん詳細もはっきりしてきました。 チームとしてこの先どうなるか分からない不安の中の練習でしたが、これでまず目先の目標ができた感じ…

【スイミングスクール攻略】浮けるようになろう!

www.larkogi.com スイミング攻略第2弾! 次は『浮けるようになる』です。 基本的にこれも水への恐怖心があるとできませんので、リラックスしてプカプカ浮けるようになるに頑張りましょう。 浮くとはどういうことか? なぜ怖いのか? 浮く姿勢に慣れるための…

【コロナ】調子を崩せば悪者みたいになってしまう風潮はいかがなものか

今コロナウイルス感染者は全国的に増加傾向にあり、再びコロナに対する緊張感が増してきています。 私の働く職場でも、コロナが近づいてきているなと感じます。 プールで働いていると正直風邪を引くことはしょっちゅうあります。 もう職業病みたいなものです…

【競泳】今の練習メニューは自分に・選手に合っているのか?

競泳選手・コーチの皆さん日々お疲れ様です。 練習再開後、選手たちの体力低下しているだろうという事もあり、練習ペースをゆっくりにしています。 基本はフォーム練習と軽い持久練習をベースとし、もちろん強度高くする日も増やしてきましたが、全体的にか…

確実にスイミングの参加者が減った

緊急事態宣言明け6月いっぱいは参加者は圧倒的に少なかったスイミングですが、7月になり、いつもの流れに完全に戻ったと思っていました。コロナの不安で休むという人は1割以下で、観覧の保護者がいない以外はいつも通りになっていました。ですがここ最近…

新人は人より努力するべきだという時代はもう古いのか?

この業界(スイミング)は離職率が高いと思います。でも辞めて別の職についた後、またこの業界に戻ってくる人も多い気がします。そんな中様々な理由で辞めていった人がいましたが、多い理由としてまとめると、『思っていたのと違った』という事が多いです。人…

素晴らしいクレームの世界

スイミングスクールも営業が再開してから何日か経ちますが、コロナ対策をしながらの運営にも慣れてきました。コロナ対策もあって、水の中よりも保護者の前に立つことが多くなっています。 誘導だったり人数整理だったりです。そのおかげで色々な反応を直接言…

人を変えるには自分が変わる事

選手・育成の練習をしていて最近よくこれを感じます。 この選手もっとまじめにやったら絶対伸びるのに… もっとちゃんとした準備ができないから、結果が出ないんだ。 昔はレースで結果が出ないと技術的な課題と共に『あの時ちゃんと準備してた?』とか『今ま…

ついにスイミング業界にもコロナが…

7月の初めに東京都のスイミングスクールのコーチでコロナウイルス発症者が確認されました。 施設自体は安全といわれているスイミングスクールですが、そこで働く人・参加者は色々な経路で来ており、やはり感染の可能性は少なからずあります。 しかし、ここ…

【競泳】必死に練習を抑えているコーチ

本日も朝練です。 練習が再開し、選手も大分動けるようになってきました。 基礎持久力を中心にドリル練習多めで、あまり強度を上げないように注意しながらやっています。(怪我防止の為) しかし、他クラブの話を聞いていると結構ガンガンに上げているところも…

結果は後からついてくる

人々が熱中するものは様々で、その中で目標の進行具合・結果がすぐわかるものから何年たってもよくわからないものまであります。 だんだん結果が出ずにイライラしてきたり、やる気をなくしてしまったりします。 競泳でも何をやっても全くタイムが出ないとい…

全国JO・全中・インターハイの代替大会が実施!各エリアでの通信大会を予定

全国JO 全国中学 インターハイこれらの大会はコロナウィルスの影響により中止となっているのは周知の事実となっています。進学にも関わる競技大会なので、肩を落としている人も多いと思います。(特に最終学年)この度その代替として大会を行うようになりまし…

【スイミングスクール攻略】もぐれない子を潜れるようにするための方法。もぐれるようになろう!

水泳シーズンも本格的になってきました。 しかし、今のコロナの事情で学校水泳もできないところが多数。 海水浴場も今年は海開きしないところも多数あり、すこし寂しい感じですね。 さて、水泳を始めて1番の壁といえば『もぐる』ところだと思います。 すぐ…

【スイミング検討中の方へ】初回参加した時にあなたのお子さんが悲しまないためにやっておくべき準備

そろそろ水泳の季節。スイミング楽しいですよね。 でも誰もが初回を経験して楽しむという感情までたどり着いていると思います。 何事も初回というものは緊張するものです。 特に小さい子は親と離れよくわからない場所に連れてこられてよくわからない人と一緒…